長崎県バドミントン協会
 
Vol.3  タッチネット!

 あなたは、タッチネットをしてしまったことはありますか?タッチネットは「フォルト」になり、相手側の得点になります。
 しかし、ネットに触ればすべてがタッチネットというわけではないので、主審をする際は注意が必要です。

Q.1
 Aさんの打ったシャトルがネットにかかるとほぼ同時に、相手側のBさんのラケットがネットに触れました。
 あなたが審判ならどう判定しますか?

A.1
 ここでは、「ほぼ同時」というのがポイントです。
まったくの同時であればBさんのタッチネットになります。シャトルがネットにあたってコート(Bさんのコート)に入る可能性があるからです。
 しかし、シャトルがネットにかかり、打者側(Aさん)のコートに向かって落ち始めたとき(シャトルの向きが下(コルクが下)になったとき)に、ネットに触れた場合は、タッチネットにはなりません。明らかにネットにかかり、落下している後であれば触れてもフォルトにはならないということです。
 もちろん、シャトルがネットや床に到達する前(インプレー中)にも、ネットに触れてはいけません。
 ただ、審判によってはその瞬間を見ていない場合があります。監督やコーチが見ていて、外から抗議してもいけません。主審の判定に従わなくてはなりません。主審は「ほぼ同時」ではなく、きちんと見て判定をしなければなりません。
 ネットには触らないことが一番無難ですね(^-^)


ルールについて詳しく学びませんか?
審判資格講習会を受講すれば、あなたの疑問が解決します!
☆審判部ページはこちら☆


トップページへ





Volume.1
Volume.2
Volume.3
Volume.4
Volume.5
Volume.6
Volume.7

Copyright©2007-2012 Nagasaki Badminton Association All Rights Reserved.